薄毛が気になって悩む前に!AGAの症状を知って予防や対策を立てる

AGAの症状は、生え際や頭頂部が薄くなる薄毛です。薄毛と気になりだしたら慌てずにAGAの症状を知って予防や対策をたてましょう。AGAの症状はセルフチェックで確認知ることがでくます。初期症状の段階で薄毛対策ができればAGAの症状は克服することができます。

*

未成年でも薄毛に悩んでいる方はいます!20代で若ハゲになる可能性

   

AGAの症状から見る進行パターン

過度なストレスにより円形脱毛症になる方はいます。しかしそれは一時的なものです。AGAの特徴は進行性であり、遺伝や環境因子が原因と考えられています。ストレスがなくても薄毛が進行するので、気になった場合は早めに医療機関に相談する必要があります。

AGAは進行性であり、その進行パターンは7種類あります。この分類を1942年にアメリカの皮膚科医であるハミルトン医師が作成しました。N-H分類と呼ばれ診断基準に使用されています。

その進行度の中でも枝分かれしており、日本ではわかりやすくN-H分類の通りのタイプはM字型と呼ばれています。前髪の生え際周辺から薄毛が始まるM字型が、症状として1番多いです。頭頂部からの薄毛が多いのをO型と言います。

双方共に始まる場所は違いますが、最終的には後頭部と側頭部以外の髪の毛が全体的に抜けていきます。その状態をU字型と呼ばれ、進行タイプに関わらず抑制しないとU字型に全員なってしまいます。

20代でもAGAの症状は出る

通常では信じられない事なのですが、未成年でも薄毛に悩んでいる方はいます。思春期は感情の起伏が激しく、様々なストレスを受ける年代です。過度なストレスにより円形脱毛症になる方はいます。しかし一時的でない場合の方も多く、その場合AGAが疑われます。

未成年の男性は様々な事に興味が行きます。特にエッチな方面等にも興味が高いです。よくエッチな人は男性ホルモンが多いので若ハゲになると言われていますが、全く関係ありません。確かに男性ホルモンが関係していますが、男性ホルモンは誰にでもあり必要なものです。

症状としてはボリュームダウンが中心となります。特有の生え際や頭頂部よりは全体的に髪の毛が細くなる傾向が多いです。未成年のデータはありませんが、20~24歳で6%の人がAGAです。未成年の時に、一気に進行はしないでも対策をしていないと20代で若ハゲになる可能性はあります。

未成年でも医療機関で治療は可能です。ただし保護者の同伴や同意が必要になります。