薄毛が気になって悩む前に!AGAの症状を知って予防や対策を立てる

AGAの症状は、生え際や頭頂部が薄くなる薄毛です。薄毛と気になりだしたら慌てずにAGAの症状を知って予防や対策をたてましょう。AGAの症状はセルフチェックで確認知ることがでくます。初期症状の段階で薄毛対策ができればAGAの症状は克服することができます。

*

AGAは男性だけじゃない!女性も発症する

   

AGAは女性にも起こる

AGAは女性にも発症する症状です。ただ、男性のAGAとの違いは一部分から脱毛症が生じるわけではなく髪の毛全体のボリュームが少なくなっていくことにあります。男性の場合、初期症状としてよく見られるのが生え際の後退や頭頂部の脱毛です。

一方で、女性の場合は脱毛の仕方が普通の抜け毛の状況とほとんど変化がないため、男性よりも見分けるのが難しいという難点が存在します。こうした髪の毛の脱毛症をFAGAといいます。

元々、AGAは男性ホルモンを原因として発症する脱毛症であるため男女を問わず先天的に男性ホルモンの影響が強い人は、脱毛症を発症するリスクが存在します。ただ、同じ原因である脱毛症であるとは言っても治療法が両社では全く異なります。

同じ過程で治療をすることはできないので、まずは本当に深刻な脱毛症であるのかどうかを確認しなくてはいけません。FAGAの場合は専用の治療カリキュラムが用意されているので、それに従う必要があります。

FAGAに治療薬は有るの

FAGAを治療する根本的な治療薬はありません。外科的な方法などを利用して治療していくのが日本では一般的です。そもそも、女性は男性用の治療薬は服用できないという事実があります。

男性用の治療薬にはフィナステリドという有効成分が利用されているのですが、実はこの成分が女性にとっては悪い意味で非常に強力なのです。服用すると、後遺症が出てしまうレベルで副作用が生じてしまう可能性もありますので絶対に服用しないように注意をしなくてはいけません。

なるべくならば、触れるのも避けた方が無難です。自分で可能なFAGAの症状の対策としては、日常生活の中で髪の毛や頭皮に良い栄養分や運動を取り入れていくことです。

例えば、髪の毛にはタンパク質や亜鉛が必要ですので積極的に摂取することで脱毛症の予防に繋がる可能性はあります。また、軽い有酸素運動を行うと代謝機能が良くなって血流が改善します。血流が良くなると頭皮に良い栄養分が届きやすくなるので、結果的に脱毛症予防に良い影響を与えるでしょう。