薄毛が気になって悩む前に!AGAの症状を知って予防や対策を立てる

AGAの症状は、生え際や頭頂部が薄くなる薄毛です。薄毛と気になりだしたら慌てずにAGAの症状を知って予防や対策をたてましょう。AGAの症状はセルフチェックで確認知ることがでくます。初期症状の段階で薄毛対策ができればAGAの症状は克服することができます。

*

AGAの基準とは?AGAの治療た対策を誤らないために

   

自己判断は薄毛を悪化させる

AGAはCMや広告により認知度が高まりました。薄毛に悩む人は全国に沢山いますが、全ての方が該当するわけではありません。

自己判断で勝手に決めつけて、海外から日本が認可していない薬を購入して服用する事は危険です。逆に自分は他の原因と思い、治療や対策を誤る事も進行させてしまう要因になります。では見極める基準はあるのでしょうか。

AGAは他の薄毛と異なる原因で起こる症状であり、対策や治療方法も特殊です。薄毛にはそれぞれ症状名があり、それぞれに適した治療や対策方法があります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが変質した物質が原因で起こり、男性に多いです。女性はほとんど発症する事はありません。このジヒドロテストステロンは前頭部・生え際・頭頂部に集中しています。このどれかから始まる薄毛の場合、疑う必要はあります。

こうした仕組みや特徴が見極める基準になります。上記の場合は医療機関で検査を受ける事で判明されます。

自然脱毛をAGAと勘違いしない

薄毛の原因は様々です。特に勘違いする事が多いのが円形脱毛症です。頭頂部に多く現れますが、一時的なものでありストレスが原因です。頭皮環境が悪く、フケや皮脂が毛穴に詰まる事で起こる脱毛症を、ひこう性脱毛症と呼びます。

AGAの原因は男性ホルモンの変質により発生したジヒドテストステロンが、毛母細胞の細胞分裂を抑制する事が原因です。それによりヘアサイクルが乱れて脱毛が見られるのです。

この様に薄毛にはそれぞれ違う原因があります。もし上記のような症状が現れたとしても、不安に思う事はありません。また髪の毛は成長して維持期を経て退行期に移るといったヘアサイクルがあります。

その為、髪の毛が抜ける事は自然な事です。1日に抜ける髪の本数は、平均して100本と言われています。ヘアサイクルに異常がある場合は、1日200~300本抜けていきます。この場合は何らかの異常があると疑います。

原因は検査しなければわかりませんが、抜け毛がどの位か注意して過ごす事も、早期発見・対処に重要な事です。