薄毛が気になって悩む前に!AGAの症状を知って予防や対策を立てる

AGAの症状は、生え際や頭頂部が薄くなる薄毛です。薄毛と気になりだしたら慌てずにAGAの症状を知って予防や対策をたてましょう。AGAの症状はセルフチェックで確認知ることがでくます。初期症状の段階で薄毛対策ができればAGAの症状は克服することができます。

*

抜け毛の量が増えた!AGAの初期症状は

   

AGAの初期症状とは

AGAの初期症状としてあげられるのは、抜け毛と髪質の変化です。発症すると一気に抜けていくのではなく、徐々に薄くなっていきます。通常の場合でも髪の毛は1日に100本程度抜けるので症状に気がつかない場合も少なくありません。

発症している場合、抜け毛の量が増えたり、髪質が細く柔らかくなったり、髪の毛の太さがなくなりハリを感じられなくなったりします。また、毛周期の変化でも現れます。髪の毛は、成長期、休止期、退行期を繰り返して生え替わっています。

成長期は約2年〜6年程度といわれていて、その間に太く長く成長します。AGAを発症している場合その成長期が非常に短くなります。

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが髪の毛を作る細胞に作用するのが原因だといわれています。通常は2年〜6年程度の成長期ですが、数ヶ月〜1年程度になるため、髪の毛が成長できません。そのため細くて短い毛が多くなり薄毛になってしまいます。

AGAの初期症状を見つけたら

初期症状を見つけたら、自分でできることから始めてみることが重要です。

まず1つ目はシャンプーを育毛用に変えてみることです。低刺激で頭皮に余計な刺激を与えないものがいいとされています。

2つ目は育毛剤を使用してみることです。育毛剤には、血行促進や皮脂を取り除く、頭皮環境を整えるなどを助ける成分が配合されています。頭皮や髪の毛を健康にする働きもあるので育毛剤はAGAの進行予防に最適です。

3つ目は生活習慣を見直すことです。育毛剤を試したけどなかなか変化が現れない場合は生活習慣を見直す必要があります。栄養バランスのとれた食事を心がけたり、夜は早く就寝するなど、規則正しい生活をすると頭皮も髪の毛も健康になれます。

それでも改善に向かわない場合は専門のクリニックに行き医師に相談するといいです。AGAは適切な治療をすることで改善することができます。プロペシアという飲み薬で治療します。プロペシアと同時に育毛剤を使用するとより効果を高めます。