薄毛が気になって悩む前に!AGAの症状を知って予防や対策を立てる

AGAの症状は、生え際や頭頂部が薄くなる薄毛です。薄毛と気になりだしたら慌てずにAGAの症状を知って予防や対策をたてましょう。AGAの症状はセルフチェックで確認知ることがでくます。初期症状の段階で薄毛対策ができればAGAの症状は克服することができます。

*

AGAの症状を知って対策・予防をする

AGAの症状を知る

AGA(男性型脱毛症)は青年期以降の年代の男性に生じる抜け毛増加の代表的な原因と言えます。発症には遺伝的要因が深く関与しており家族内で薄毛の人がいる場合、発症率は効率になるといわれています。

早い方では思春期の年齢で初発することも珍しくないとされていますが、通常30代以降の年代から患者巣が急増する傾向が見られます。症状としては単に頭髪の抜ける量が増加するだけでなく、髪質の変化や抜ける場所に特徴的な傾向が見られます。

特に生え際や頭頂部などの部位の毛髪が集中的に抜けることが多く、毛髪の形状にも変化をきたします。健康な毛髪であれば、数年間の成長期を経て、一ヶ月程度の停止期、休止期の段階を経て抜け落ちるというサイクルを辿ります。

これに対してAGAでは成長サイクルが短縮し、髪の毛が太く長く十分成長する前に停止期や休止期を迎えます。そのため毛質が軟らかくなり、細く貧弱で短い毛髪が抜け毛の大半を占めるようになります。

このように毛髪の成長サイクルが乱れることにより、地肌が見えるようになる、生え際がM字型に後退していくなどの症状に見舞われることになります。これらの抜け毛の増加や薄毛傾向は自然治癒することはないので、AGAは進行性の病気なのは明白です。

AGAの対策・予防をする

AGAの症状としては生え際や頭頂部の毛髪から脱毛が生じる傾向がありますが、このような傾向には男性ホルモンが深く関与しています。活性化された男性ホルモンが、毛根に存在しているホルモン受容体に結合することで、へアサイクルに乱れが生じ十分成長する前に毛髪が抜けていきます。

ホルモン受容体は生え際や頭頂部に多く分布しているので、これらの部位からの脱毛が増加する特徴があります。このようにAGAには男性ホルモンが関与しているので、予防や対策を検討するにはこのようなAGAの特徴を踏まえて実践する必要があります。

まず頭皮環境の改善に努めることが必須になります。男性ホルモンの影響で頭皮の皮脂が増加するなどの変化も見られます。男性ホルモンによる影響でヘアサイクルが乱れ、ただでさえ抜けやすい環境にあるにも関わらず、毛穴に皮脂詰まりが起こるとさらに抜け毛が増加することになります。

そこで皮脂汚れをしっかり落としつつも、頭皮の肌環境を乱さないようにアミノ酸系のシャンプーなどに切り替えることが対策になります。頭皮をキレイにしつつ、刺激を与えない洗浄成分なので頭皮環境の改善を期待できるでしょう。

さらにストレスは血管の収縮を招き頭皮の血行を悪化させるので、出来る限りストレスの少ない環境で生活することが望ましいと言えます。

AGAの症状をセルフチェックで確認する

AGAの症状をセルフチェックする際には、医学的に認められた基準が存在するのでそれを利用するとわかりやすいです。この基準は、脱毛症の進行状況にあわせて1型から7型のタイプに分けられていて、画像を見ることによって患者の頭皮の状況を比較できるようになっています。

例えば、AGAの脱毛症として特徴的な症状に生え際の脱毛があります。これは、生え際部分に脱毛物質と結合して反応する男性ホルモン受容体というものが存在するからです。実際に抜け毛進行してくるとM字状の抜け毛を確認することができますので、特に男性の場合は簡単に見分けることができます。

また、さらに症状が進行してくると頭頂部での脱毛も確認可能になります。男性型脱毛症は、脱毛症が最後まで進行すると側頭部と後頭部の髪の毛だけを残して後は全て抜け落ちてしまいます。そのため、ある程度進行しているとセルフチェックでわかった場合には対策を考慮することが大切です。

一方で、女性の場合はこうしたセルフチェックが難しい側面があります。女性の場合は、全体的に髪の毛が抜け落ちてしまいますので更年期と重なるとどちらが原因で抜けているのかわかりません。ですから、この場合はクリニックで念のために確認してもらうことが賢明です。

AGAの症状を感じたら放置せず早めの対応をする

AGAの症状を自覚できたときには、その症状を放置しないことが何よりも大切です。そもそも、この症状が他の薄毛や抜け毛の状況と異なるのは放置しておいても良い方向に進展しないということです。

例えば、ストレスや疲れによって脱毛をしてしまった場合にはその原因を取り除くことによって比較的簡単にボリュームを回復させることも可能です。栄養分を摂取したり、生活環境を改善することで脱毛の予防にもなります。

しかし、AGAというのはそもそもの原因が男性ホルモンという人間が本質的に有しているホルモンであるということに注意点があります。男性ホルモンをどうにかしない限りは脱毛症を抑えることが出来ず、放置しているとどんどん脱毛症が進行していくケースが目立ちます。

AGAの発症は個体差はあるものの早ければ20代で発症します。発祥した後は、進行速度は別にして確実に脱毛症は進んでいきますので早い段階で対策をしなくてはいけません。

根本的な解決を望むのならば医薬品を利用しなくてはいけませんし、日常生活から予防をしたいのならば食事や生活改善を出来る限り早くしなくてはいけません。AGA治療薬のプロペシアは通販で購入できますので、気づいた段階で必ず対策を練るように心がけておきましょう。

公開日:
最終更新日:2018/05/22